menu

ホテルグランヴィア広島

会社情報

TOP > 会社情報 > 採用情報 > 社長メッセージ [代表取締役社長 森田 茂]

代表メッセージ

〜Message from the President〜

代表取締役社長 森田 茂

Shigeru Morita

ホテル事業に携わり27年。
その歩みは?

学生時代は技術屋を目指し工学部で電子通信を専攻しており、大学を卒業し1978年に日本国有鉄道に入社後、広島鉄道管理局に配属されました。その後、1987年の民営分割を経てJR西日本鉄道本部所属となりましたが、民営分割以降、華々しく展開しつつあった関連事業に思いを馳せ、先輩の誘いで1991年からホテル事業の道を歩み始めることにしました。これまで40年の社会人生活において、鉄道で13年、ホテルで27年という経歴になります。
ホテル事業においては、そのほとんどの期間をJR西日本ホテルグループのチェーン本部での業務に携わってきました。具体的には、チェーンとしての運営力強化策の展開、各ホテルの経営改善策の推進、新規ホテルの開発などに関わってきましたが、2014年からは和歌山~三宮 そしてこのたび広島とホテル現場に携わることになりました。
社会人として初期の時代にお世話になった広島の地に約30年振りに帰れたことに縁を感じますし、微力ながら地元広島に貢献していきたいと思います。

お客さまにも社員にも「愛されるホテルNo.1 」を目ざして。

ホテルグランヴィア広島が今後向かっていく
方向性(ビジョン)とは?

ホテルグランヴィア広島は1987年に誕生以来、国際平和都市「HIROSHIMA」の迎賓館として役割を果たしたいと社員一丸となって努力を重ねてきました。この間、当社が目指してきたのは「お客様に愛されるホテルNO.1」です。そして、社員一人ひとりが「お客様のために何ができるか」を考え行動するチャレンジ精神はどこにも負けないと自負しています。私たちの「まごころ」を込めたおもてなしが実を結び、2014年にはエクスペディア(世界最大のオンライン総合旅行会社)による「推奨できるホテル:世界TOP650、日本TOP15」にランクイン、さらに2015年に、トリップアドバイザー(世界最大の旅行クチコミサイト)のエクセレンス認証の殿堂入りを果たし、現在も8年連続記録を更新するなど「お客様に支持されるホテル」として高い評価を得ています。
近年、外国人観光客が急増しています。2つの世界遺産を抱える広島は、特に人気のエリアとして、おもてなしのレベルアップが求められています。当ホテルでは、観光情報の提供や日本文化の体験が出来るインフォーメーションセンターの設置をはじめ、外国人旅行者が必須とする外貨両替機やフィットネスルームを新設するなどハード面の改良に積極的に取組んでいますが、それ以上にソフト面の充実が不可欠と考えています。新規ホテル計画も多々あり、競争が激化していくホテル市場のなかで選択され続けるためにも、今後とも「お客様に愛されるホテルNO.1」を目指して挑戦します。そのためには、「まごころ」あふれる人財確保がますます重要になると考えています。

ホテルグランヴィア広島が求める人材とは?

世界に誇る日本のおもてなしを発信していくために、私たちが求める人財は「お・も・て・な・し」力のある方です。
これは私が思う、ホテルスタッフに必要不可欠なキーワードです。

 お=思いやりをもてる人
 も=燃える情熱で挑戦し、失敗を恐れない人
 て=丁寧な仕事が出来る人
 な=和やかな人間関係が築ける人(チームワーク)
 し=人を幸せにし、自分も幸せにできる人

を表しています。人を幸せにできる素直で誠実な方に来ていただきたいと思います。語学力や調理、サービスの技術は、もちろんあれば良いですが、当社には教育プログラムもありますので、やる気のある方は入社後に頑張っていただければ大丈夫です。

ホテル業界を目ざす方に、メッセージをお願いします。

自分の未来は自分で創るもの。まず「5年後、10年後にはこうありたい」という夢を持って就職活動をしてみてください。当社にはスタッフの想いを応援するため、階層別研修をはじめ、公的資格取得や通信教育受講の支援制度を設けています。縁あって入社された後には、こうしたサポートを活用しながら、ホテルを支える仲間とともに夢に向かって歩んで頂きたいと思います。